何故英語教育が必要なのか

近年、国際化が激しくなる中で様々な企業が海外進出をする事が多くなっています。各国が国際化を図るに辺りネックになるのが言語です。言語そのものが違うと商談以前に進出も難しくなってしまいます。その為、選ばれたのが英語であり、英語教育の普及です。では、何故英語教育なのかと言うと英語は様々な国の言語の中でアルファベットの数が少なく、かつ文法や言語の習得も簡単に出来るためです。逆に日本語の場合は世界で有数の難しい言葉なのです。何故ならひらがなカタカナだけでなく、漢字や和製英語など多種多様にあります。しかもニュアンスは曖昧な物が多く難関な言語なのです。他の国でも同様に女性名詞や男性名詞等の細かい区分けやルールがあり複雑です。それに比べると英語はニュアンスと言っても大体の決まりがあり、かつ重要な部分を前に出す文法な為、仮に聞き取れなかったとしても通じるケースが多くあります。更にアルファベットのみで構成されているため、単体の文字を記憶するのにも手間が掛かりません。しかもシンプルな複雑な部分が少なく、シンプルな言語の為、各国では英語教育をベースに世界言語として今や英語は欠かせない物になりました。こからも様々な国で英語教育はより広がっていきます。

 

 

世界の英語教育について

 

英語教育は世界各地、あらゆる場所で行われています。しかし、日本と異なるやり方が主流です。日本の場合は英単語や熟語、文法などを徹底して暗記させ、記述をメインにしているのに対して、海外の多くは意味を理解する事、しゃべる事をメインに英語教育を行っています。それぞれにメリットデメリットが存在します。詰め込み式の場合は記述や正しい英文法が扱えるようになる為、文章を書いたり、知識面で特化されていますが、デメリットとしてはリスニング、ヒヤリングがおろそかになってしまう為、文章なら理解できるが会話ができないというケースが多くあります。それに対して喋ることをメインにしている英語教育の場合は言葉の意味やニュアンスなど英語での意思疎通が安易に出来るようになります。しかしこの教育方法もデメリットがあります。主にコミュニケーションをとることに対しては優れていますが、正しい文法や単語が書けなかったり、文章を書くのが苦手な場合が多くあります。どちらの教育方法にしても一長一短ある為、偏らないようにバランスの良い英語教育を行っていくのがこれからのグローバル社会には重要です。特にネイティブの人を教員として雇う事で、どちらの教育も質は上がります。

 

 

日本の英語教育について

 

我が国では義務教育で3年、そして高校の3年間で合計6年鑑英語を学びます。ただ、実際に英語をモノにして仕事に活かすことができるのは、ほんの限られた人だけになります。さらに、公用語が英語ではないこともあり、本格的に英語を学ぶためには、時間とお金がかかります。英語を使って仕事をするためには、海外へ留学することが最も確実な方法です。このように、日本語の英語教育については、実用性の面で劣ることもあってしばしば批判的に欠かれることがあります。ただ、実際に海外へ留学して英語を学んでみると、日本の英語教育については言われているほど悪くはないということです。英語の基礎は文法です。正しい文法の知識は、英語を読んだり書いたり、聞いたり話たりすることに大変役に立ちます。そのため、日本の学校の英語教育については、英語にとても必要な事柄を教えていることがわかります。問題は、英語を話す場所が国内には殆ど無いという点です。社会人になって海外の人との取引のために、必死に英語を勉強し直すという方も少なくないです。ただ、このような状況になって初めて、日本の英語教育が優れていることがよくわかります。日本の英語教育は、優れています。